このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

売掛金の回収を行いたいと思っている相手に対して買掛金が存在しているような場合には、支払ってもらえないでいる売掛金と相殺することが可能となります。相殺する場合の手続きは非常に簡単です。相手に対して、相殺をすることを通達する内容証明を郵送するだけで手続きは完了します。

しかしながら、内容証明の作成は手続きが煩雑ですので、必要に応じて弁護士さんにその業務を依頼するようにするといいでしょう。また、売掛金がない場合には、商品の回収をするという方法も考えられます。この場合には相手の同意が必要になります。相手の同意なしに強制的に商品の回収を行ってしまうと、窃盗罪に問われることもありますので、注意が必要になります。

相手が現金による支払い能力をもっていない場合に、仮に相手はほかの業者に対しての売掛金を持っているような場合には、債券をほかの業者に譲渡することによって売掛金の回収を行うことが可能になる場合があります。

以上の手続きを行っても相手が支払いに応じないような場合には、法的な手段に訴えることになります。しかしながら、仮に裁判になってしまった場合には、回収にかなりの時間がかかってしまうことをあらかじめ想定しておくことが必要になってきます。